ENGLISH  JAPANESE

会社情報

硬化クローム工業とは?多機能工業用表面処理加工会社

70年の時を超えて・・・

時代の求める変化の中で、70年の時をかさねてきました。
経験を重ね、研究を積み、もてる技術と技能を駆使して生み出された多くの実績が硬化クロームの誇りです。

あらゆる分野で工業用表面処理の最先端技術を追求!

いま、全世界を視野に入れて…硬化クロームは考えます。この地球で、なにが人々にとって、お役に立てられるか?

提案型の営業活動でお得意様のための一貫体制

工業用表面処理技術の進歩のスピードは益々早くなり、様々な技術が次々と実用化されています。 多くの合金めっき、複合めっきも工業化され、用途に合わせて使い分ける時代になって参りました。

当社のセールスエンジニアは、生産部、研究部、エンジニアリング部と一体になり、お得意様のニーズに合わせた最先端の表面処理を提案させていただきます。
設計、テストの段階から量産化までの一貫したサービス体制をご利用下さい。

再加工で省資源・低コスト化、軽量化で高速化・省エネを

再加工により機械部品を何回でも再利用し、省資源・低コスト化を図れます。
軽合金への多機能表面処理により、ラインの高速化、駆動エネルギー減少による省エネが大幅に可能となります。
当社が誇る多機能表面処理技術は、環境保護、CO2減少にも多大な貢献を果たしております。

産業基盤技術で世界をリードする

世界的な競争にさらされている日本の産業の中で、自動車、鉄鋼、非鉄金属、プラスチックフィルム、工作機械、IT関連製品・設備などが優位性を保っている理由に、我が国の優れた多機能表面処理技術があります。 経済産業省ではこれを産業基盤技術の一つとして最重要視しております。

工業用クロム、ニッケル、ニッケル合金めっき、各種金属・セラミック溶射、フッ素化合物のコーティング、物理・化学的真空めっき及び各種研削・研磨など数多くの多機能表面処理が、無くてはならない周辺技術として、外からは見えない産業機械の重要部品の高い性能、生産性、経済性を支えています。

当社は多機能表処理技術を幅広く提供するサポーティングインダストリーとして、70年の経験をさらに磨き、常に新しい技術・機能の開発・実用化を行い、最新鋭の機械・設備を駆使して世界のお客様のお役に立てるよう努力しております。
東芝製KWA840D 最新鋭研削盤導入(鹿浜研削工場 常温20°~23°管理)

ページの先頭へ


ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 お問い合せ