ENGLISH  JAPANESE

会社情報

会社沿革

1940195019601970198019902000

1940

昭和15年12月(1940) 元社長荒木實の発明『硬厚なる金属クロムを被着する方法』特許番号131175(1937年9月出願)が技術的基礎となり、当時の学術審議会より政府へ特殊鋼および高速度鋼入手難に鑑み、低級鋼に『硬質クロムめっき』を施し高級鋼の代用とすることが答申され、航空本部、相模造兵廠、その他関係官庁ならびにお得意様より硬質クロムめっき(工業用クロムめっき)専門会社設立の要望があり、
  • 荒木 實(元社長)
  • 藤田秀雄(元日魯漁業株式会社常務取締役)
  • 安藤吉之助(初代社長元昭栄株式会社常務取締役)
  • 十河信二(元国鉄総裁)
  • 津守豊治(元東京芝浦電気株式会社社長)
等が相諮り、東京都大田区新井宿7丁目35番地に創立
昭和19年12月(1944) 航空本部の斡旋により現本社工場所在地東京都足立区新田2丁目11番19号に分工場を建設、と共に航空本部監督工場となり、後に軍需省監督工場となった
昭和20年5月(1945) 大森本社工場が戦災焼失のため足立工場に本社を移転
昭和23年5月(1948) 東京通商産業局指定工場となった
昭和24年2月(1949) 設備拡張計画を立て、復興金融公庫の融資を受け昭和24年9月工事完了。設備・技術において、名実共に工業用クロムめっき専門会社として体制を整えた

1950

昭和25年6月(1950) 東京地区めっき技術コンクールに入賞、東京都知事ならびに東京通商産業局長より表彰され、同年8月24日全国めっきコンクールに入賞第1位となり、通商産業大臣より表彰を受けた
昭和29年6月(1954) その後更に工業用クロムめっきの利用分野の拡張の研究を進め、各種ロール類への応用に成功し、金属圧延、製紙印刷、食品工業等への応用が普遍化され、これらロール類の加工のための設備拡張を行い天井走行クレーン等を新設
昭和33年6月(1958) 長期綜合建設計画を立案、その第1期工事に着手、受電室ならびに設備の倍加と大型重量物加工専用工場の増築、以後第2期(35年)第3期(38年)第4期(41年)と建物設備等の増改築を行った
昭和34年1月(1959) 元社長荒木實は生産性本部調査団の一員として2ヶ月にわたりアメリカにおける工業用クロムめっきの技術、設備ならびに応用面の調査を行なった

1960

昭和38年1月(1963) 社長荒木誠は1ヶ年間米国に出張、めっき技術および応用面の調査を行った
昭和39年12月(1964) 第3期建設計画に引続き京浜地区お客様の要望により、昭和39年1月より横浜工場の開設を進め、11月完成、12月1日より操業を開始
昭和40年9月(1965) 日本硬質クロム工業会優良工場認定制度制定に伴い、本社工場、横浜工場ともに優良工場の認定をうけた
昭和42年9月(1967) 工業標準化法の改正に伴い、工業用クロムめっき加工のJIS標示制度が確立したのを機会に、これを申請し日本工業規格標示許可(許可番号367158)をうけた
昭和43年6月(1968) 本社工場に研削専門工場を建設、円筒研削盤3台を設置した。なお、昭和44年1月度同工場を増築、円筒研削盤台を設置
昭和43年8月(1968) 資本金5,000万円となる
昭和44年10月(1969) 荒木實元社長「藍綬褒章」受章

1970

昭和45年10月(1970) 元社長永田重義は1ヶ月間欧州各国に出張し、工業用クロムめっきの技術、設備ならびに応用面の調査を行った
昭和46年5月(1971) 本社工場廃水処理設備の増設改良を図り、沈降槽その他を完備
昭和46年7月(1971) 本社研削工場の増築、大型円筒研削盤1台を増設
昭和46年8月(1971) 横浜工場に大型重量物専用工場を増築し、めっき槽の大型化を図り、30tクレーンを新設
昭和52年4月(1977) 横浜工場に工業用ニッケル合金めっき専用工場を新築

1980

昭和57年2月(1982) 特許取得 第1084777号
「鋼の連続鋳造鋳型の製造方法」
昭和58年5月(1983) 横浜工場にドローダイ(自動車ボディープレス用金型)のクロムめっき設備を増設
昭和59年7月(1984) 本社第二工場にロール鏡面研磨機3台を設置
昭和59年 (1984) 鏡面研磨工場を本社隣接地に新設
昭和63年 (1988) 横浜工場に鏡面研磨工場新設
平成元年5月(1989) 鹿浜工場(研削専門)を新築し、東芝機械製大型研削盤を新設、研削盤4台を移設拡充し、現在6台で稼動
平成元年6月(1989) 諸外国に自動車ボディープレス金型へのクロムめっきノウハウライセンス供与を開始

1990

平成2年11月(1990) 本社工場に門型マシニングセンター1台を設置
平成4年12月(1992) 本社工場にマシニングセンター(横中ぐり盤)を設置
平成5年2月(1993) 横浜工場にコンピューター制御大型ベーキング炉を設置
平成7年2月(1995) インドネシア、ジャカルタの合弁会社に参画。
「P.T.堀口エンジニアリング・インドネシア」
平成7年2月(1995) アメリカ・ミシガン州に合弁会社設立。
「DMIオートモーティブINC」
平成8年6月(1996) 上記2工場稼動開始
平成9年1月(1997) 樹脂積層用冷却ロールのフッ素コーティングを発明。ニッケル・コバルト合金めっきを実用化
平成10年1月(1998) 誘導発熱ロールのメンテナンスを開始
平成11年8月(1999) 特許取得 第2963428号
「ビレットの連続鋳造用鋳型の製造方法」

2000

平成12年1月(2000) フッ素コーティング(ロール用)の回転炉を設置
平成13年4月(2001) ラミネート用冷却ロールのパウダーレス仕様を考案し、CMM JAPAN (東京ビックサイト)にて発表
平成14年5月(2002) 月刊コンバーテック5月号にて押出しラミネートのパウダーレス(NPロール)を発表
平成14年10月(2002) トクデン(株)と誘導発熱ジャケットロールの業務提携
平成14年11月(2002) (株)ササクラとヒートパイプ式冷却ロールの業務提携
平成15年5月(2003) 高張カリム式アルミロール製造技術を開発
平成16年4月(2004) 第7回CMM JAPAN(東京ビックサイト)にて新規開発技術出展
平成18年9月(2006) 本社工場に工業用ニッケル合金めっき設備を増設
鹿浜工場に精密円筒研削盤を増設
平成19年4月(2007) 第8回CMM JAPAN(東京ビックサイト)にて新規開発技術出展
平成19年8月(2007) 丸紅テクマテックス(株)と役務提供契約締結
平成19年11月(2007) 本社工場に鏡面研磨機、バフ研磨機を増設
平成19年12月(2007) 環境マネジメントシステム ISO14001:2004(VSAE 1379) を取得
平成20年4月(2008) 第18回ファインテック ジャパン(東京ビックサイト)にて新規開発技術出展
平成20年6月(2008) 海外製鉄所にクロム・ニッケル合金・各種溶射の技術・設備供与開始
平成20年9月(2008) 新JISマーク表示制度の認証を受ける(認証番号JQ0308078)
平成21年4月(2009) 取締役研究部長 川村壽 黄綬褒章を受章
平成23年4月(2011) 特許取得4667084号
「3価クロムめっき浴へのクロムイオン補給方法」
平成23年7月(2011) 上海(中国)フィルム展 出展
平成25年5月(2013) 広州(中国)Chinaplas展 出展
平成26年4月(2014) 上海(中国)Chinaplas展 出展
平成27年5月(2015) 広州(中国)Chinaplas展 出展
平成28年4月(2016) 上海(中国)Chinaplas展 出展

ページの先頭へ


ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 お問い合せ